リエゾン〜「シェケナ・ベイビー」に隠された英会話ヒアリングの秘密

リエゾン〜「シェケナ・ベイビー」に隠された英会話ヒアリングの秘密

リエゾン〜「シェケナ・ベイビー」に隠された英会話ヒアリングの秘密

rocksinger

とあるロックミュージシャンの決め台詞に「シェケナ、ベイビー!」というのがありますね。

あれはなんて言っているのかというと、「Shake it up Baby!」と言っていて、ちゃんとした英語の文章です。
実はこのフレーズは、BEATLES(ビートルズ)の初期の大ヒット曲「Twist & Shout」(ツイストアンドシャウト)の歌詞の一部なんです。
直訳すれば、「振って混ぜ合わそう!」ですが、「おまえも盛り上がろうぜ!」みたいな意味で、まぁ、ロックミュージシャンなら雰囲気的に「盛り上がってるかい?」みたいな感じで使っているんだと思います。

 

 

この「シェケナベイビー」ですが、あのロックミュージシャンのおかげで、英語の話せない日本人でも普通に知っています。

 

japanesetalking

そして、真似をすることで結果としてちゃんと発音していますし、おそらくこれを聞いた英語のネイティブでも、ちゃんと聞き分けられるでしょう。
でも英語のつづりは、Shake it up Baby ですから、普通の日本人なら「シェイク イット アップ ベイビー」となったでしょう。これが、「シェケナベイビー」となることを連音とか「リエゾン」と言います。

 

 

Did you が「ディジュー」になったり、Want You が「ウォンチュー」になったりするのも同様です。
教科書などのテキストの文章から英語を覚え始めることの多い日本人の場合、このリエゾンを聞き取るのが苦手です。

 

ところが、このリエゾン、日本語にもあるんです。
例えば、「感応」は何と読みますか?

 

japanesetalking

「カンノウ」ですよね、でも漢字の読みはそれぞれ「カン」と「オウ」です。つまり「カンのン」の部分と「オウのオ」の部分がくっついて「ノ」のなったんです。

「云々」も「ウン」+「ウン」ですが、「ン」と「ウ」がくっついて、というか口で言いやすいように「ヌン」となったのです。「親王」(シンノウ)とか「銀杏」(ギンナン)もリエゾンだといわれています。

 

 

つまり、日本人でもこのリエゾンの感覚は生まれながらにして持っているのです。
だから、文字としてではなく、あくまでも人が話す言葉として英語というものをとらえれば、一気に上達しやすくなるのです。

 

では、そうしたらリエゾンを聞き分けられるようになのか?
それには、話すスピードを変えた状態で聞いてみることです。

 

ゆっくりとした会話で、単語を音としてとらえて、リエゾンしていく様子を繰り返し聞くことで、フレーズとして定着するようになります。
そうなれば、ネイティブのスピードで話されてとしても、相手の声が音として自分に届いてさえいれば、ちゃんと聞き取れるようになるんです。

 

フェネティクスの攻略と合わせて、この「リエゾン」をマスターすれば、英会話能力は中級レベルになったも同然です。
「シェケナ、ベイビー!」で英会話上達、ですね!

 

 

リエゾンをマスターして最短で英語マスター「ネイティブトーク」の詳細は、↓コチラ↓

nativetalk01


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP フィネティクスを徹底攻略 リエゾンをマスター
「シェケナベイビー!」